東城百合子先生「健康は手作りの食卓から」

おはようございます。

昨日、山梨市市民会館にて、

東城百合子先生講演会へ行ってきました。

あなたと健康

東城百合子先生は、90歳近い方で、

幼いことの怪我により足腰に障害がありますが、

とてもお元気で、2時間強と長時間、自らの足でお立ちのままお話をして下さりました。

今回のテーマ、「健康は手作りの食卓から」とあります。

テーマに添って、食事とは何か日本の文化(伝統)である日本食(Japanese Food)について

お話をして下さりました。

お箸のマナーには、お天道さまに対しての思いがあるなど、

昔からの日本人としての考えを学ぶことが出来ました。

バランスよく食べ、日本食は健康に良いというお話。

今の時期、オススメ フード。「こんにゃく」


「こんにゃく」を温め、タオルで巻いて、お腹に乗せて横になっていると、

人によっては、指先まで温まるらしいです。

お味噌汁にも入れても良いということなので、

早速、今朝、生姜入りのお味噌汁に入れてみました。

食事というのは、食べてた日から3日ぐらいで体内の栄養として効果あると

聞いたことがあります。

ので、すぐには効果はないとは思いますが。。。。

継続に意味があると思います。

しかし、そればかり食べるは逆に偏った食事なるので、ご注意★


ほかにも、梅干しは、殺菌効果以外にも、

毒素や公害物質を排出してくれるとか。

これは、いいですね。

夏だと、クエン酸が含まれているので、熱中症にも良いですしね。

ただし、なるべく自然な食材がオススメ★

梅干しを手作りで作り食べることが、もっとも健康的ということでした。

手間はかかりますが、便利な社会もいいですが、健康=手間。ということですね。


ぜひ、ぜひ、実践してみてください。

何事も、実践して「実」となるですよ!!

コメント

人気の投稿